新着情報

【ダイエットその2】食事についてとオートミール


こんにちはこんばんは!

ご覧になっていただきありがとうございます。

健翔堂整骨院です。

 

今回も前回に引き続きダイエット、減量についてのお話です。

 

前回はカロリーの話をしてアンダーカロリーを意識した食事を日々繰り返すことで無理なく

体脂肪を減らすお話をしました。

今回はその食事内容についてです。

 

ざっくりと言ってしまうと三大栄養素と呼ばれる

・たんぱく質

・脂質

・炭水化物(糖質)

の中で脂質の制限が主になりますが日本人は世界中で見ても無類の炭水化物好きなので

脂質制限と同時に炭水化物(糖質)制限をすることで運動をしなくてもダイエット(減量)は

可能になります。

運動(トレーニング)をすることで更に短期間で成果を出すことは出来ますがその件に関しては

次の更新をお楽しみに。

 

問題は制限することここでの制限は食べ過ぎない制限と身体に良質な物質を取り込むための選別です。

脂質であれば、

アボカドやナッツ類(特にクルミ)の植物性脂質

サバ、アジ、さんまの青物系の魚介類(特にサバが良いとさせて中でも缶詰)

控えたい避けたいのは揚げ物類

おいしいのはわかりますが揚げ物はダイエットをするのであれば可能な限り避けるべきでしょう。

 

炭水化物(糖質)ではGI値の低い食材を選択していきます。

GI値とは(グルセミック・インデックス)の略で食品ごとの血糖値上昇度合いを表現し数値化

したものです。

GI値の高い食事が多いと体内のすい臓でインスリンが過剰に分泌されこのインスリンの作用により

脂肪合成を高め、脂肪分解を抑え込む作用が働くのでせっかく脂肪燃焼を目的にダイエットをする

人にとっては血糖値の急上昇はダイエット効率を著しく下げます。

 

そこでGI値の低い食べ物とは何だろうという話ですが、私のおすすめは、

こちらです!!

 

 

 

オートミールになります。

オートミールは燕麦(えんばく)といわれる麦をフレーク状にしたもので

スーパーでも買い求め出来ます。

 

オートミールの他にGI値の低い食材は玄米やそば、パスタ麺にさつまいも、にんじん、豆類と

ありますがオートミールのいい点はなにより準備に時間を取られないことです。

1食30グラム程お茶碗に出してお茶漬けの素を入れお湯を浸るくらいまでかけてよくかき混ぜて

食べるだけですので忙しい朝にはとても重宝しています。

 

さらに私はオートミール食べ始めて2日目程で体感しましたが元々お通じは良いほうですが

もっとよくなりお腹周りがすっきりしたのでお通じにお悩みの方ぜひオートミール試してみてください。

 

それではまたの更新でお目に止めていただければ更新の励みになります。

pagetop