自費施術

自費施術について

自費施術では健康保険非対応の施術を行っています。

自費施術のよくある症状

  • 画像

    全身疲労

    全身治療でもみほぐして、足の筋肉が緊張していたとか、腰やお尻の筋肉や肩や首の筋肉ががちがちになっている事が多いです。
    問診をさせて頂いて、全身疲労の原因を浮き彫りにし、身体に合わせた施術を行います。

  • 画像

    腰痛

    腰痛は二足歩行を可能にした人間にとって大なり小なり1度は経験したことはあるのではないかと思われる症状です。前かがみ中腰姿勢での作業では自身の体重の約3~4倍直接腰に負担がかかるといわれています。それに睡眠時間の短い方はギックリ腰(急性腰痛)を誘発しやすくなりますので注意が必要です。

  • 画像

    肩こり

    肩こりは前かがみ猫背姿勢から発生しやすく現代人にとって腰痛に次ぐ悩ましい症状です。肩こりは自覚症状のない方もいますが放置していて症状が悪化すると頭痛、めまい、吐き気などを訴える方もいます。肩周辺の構造上筋肉に依存していので筋肉を緩めることでケアすることが出来ます。

  • 画像

    脚がつる

    脚部がつる原因は体内の水分不足、ミネラル不足(ここでは主にカリウムとナトリウム)、冷え、筋肉を酷使することによる筋肉疲労などです。夜寝静まった頃に急に脚が痛くなって飛び起きた経験はありませんか?睡眠時間を無駄にしないためにも脚へのケアはとても必要です。

  • 画像

    むくみ

    結論からいうとどの方であってもむくまないことはありません。人間は約70%近く水分で構成されています。
    しかし過剰に水分を体内に留まらせることは体温低下、倦怠感更には見た目が老けて見えてしまうなどあまりにも嬉しくない状態になります。基礎アプローチではふくらはぎの施術と食習慣の改善をすることで体内の余分な水分の排出のお手伝いをします。

  • 画像

    頭痛

    ストレス社会の現代、頭痛薬が手放せないという方も少なくないと思います。頭痛は首、肩、背中周囲の血行不良による酸素欠乏によるものや対人関係や感情のコントロールが上手くいかないことによるストレス、単なる思い込みによるものと例を挙げればキリがありませんが1番の解決策はどの症状にも共通しますが原因を分析して対処することです。定期的な施術で頭痛持ちの方のお薬の服用を減らす、無くすことはわたしの課題です。

自費施術のよくある質問

Q:どんなことをするのか?

A:マッサージ(徒手施術)やストレッチ療法お話を伺っての運動指導、電気療法お客様の体調や症状に合わせた施術を行っています。

Q:整骨院ではどのような痛みでも対応してくれるのか?

A:整骨院で対応治療範囲とは骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷となっていますが痛みの多くは何らかのストレス(外傷)を受けその結果痛みが出て来ていると考えられます。首や肩、腰に膝その他関節の痛み筋肉のうずきあらゆる痛みに対応しています。痛みを感じて「どこで診てもらおう」と迷ったらまず当院にご相談ください。

Q:矯正(整体)をしてくれるのか?

A:結論から申し上げますと致しませんが当院では揉みほぐし主体でお身体の軸を整える手法をしております。ゴキゴキ、ボキボキと音を鳴らす手法は一切せずその方本来がお持ちになる治癒力を向上させる手助けをさせていただきます。

Q:交通事故によるケガも対応してくれるのか?

A:交通事故によるケガへの対応可能ですが、事故発生から日数経過がある場合非対応になりますのでお問い合わせしてください。

Q:整形外科に通っていて同時期に整骨院に通えますか?

A:残念ながら同時期に通うことが出来ず整骨院では整形外科に通っているのならば健康保険が使えません。しかしながら次の場合は健康保険が使えます。
・同一月に医師から骨折及び脱臼の治療の後の施術を依頼される場合
・医師が整骨院(柔道整復師)に骨折及び脱臼の施術を同意する際に経過観察または一定期間後に再検査の指示を行う場合

Q:現在入院中だが外泊許可が出たので施術を受けれるのか?

A:保険適用は出来ず自費対応での施術は可能です。
理由は入院先での病院の保険適用が優先されるのと仮にも入院中の身なので治療の主導権は病院にあるからです。

Q:施術の前後にしてはいけないことはありますか?

A:飲酒後の施術は、少量であってもお断りしております。
また施術後の飲酒もできるだけ避けていただくことをお勧めしています。施術をうけることで血行が良くなり、通常よりも一気にアルコールがまわってしまったり、デトックスしようとしている内臓への負荷も大きくなるためです。
pagetop