新着情報

整骨院ってどんなところ?②


 

整骨院でできること

・痛みの根本改善を目指す

医療機関で長い間受診していても痛みが改善されなかったり

痛みの根源となっている原因がわからない、という場合があります。

その点整骨院では、柔道整復師の観点から、患部のみならず

体全体の状態もしっかりとチェックします。

患者様の身体の歪みなどの根本原因となる箇所を探し、施術を進めます。

 

・生活習慣の改善をアドバイス

肩こり・腰痛等の原因が「日常生活の悪い癖」による歪みの場

医療施設の治療だけではなかなか改善されません。

当院では自由診療(保険外)として姿勢や

身体の動きを検査し、患者さんにしっかり説明致します。

そしてその症状に合わせた「背骨・骨盤矯正」ができます。

 

整骨院でできないこと

整骨院・接骨院は以下の医療行為ができません。

・手術、注射などの処置

・外科手術

・投薬、注射

・画像検査(レントゲン、CTMRIなど)

 

整骨院・接骨院では、柔道整復師が骨つぎやマッサージなどの「施術」を行います。

法律で定める「医療行為」を行うことはできません。

骨折や脱臼の施術を整骨院や接骨院で受けられるのは

医師の同意がない限り、応急手当の場合のみです。

 

 

こんな症状は整骨院へ

一般的には手術を伴わない「急性の怪我」の手当てが必要な症状の時には整骨院が向いています。

「脱臼」「骨折」「捻挫」「打撲」など以下の症状が挙げられます。

 

捻挫

捻挫(ねんざ)とは、日常生活やスポーツ中に足首・手首・指などの関節をひねって痛めることを言います。

最も多いのは足首ですが、指・ひじ・膝など体のあらゆる箇所に捻挫は起こります。

球技でよく起こる「突き指」や、突然起こる腰の激痛を伴う「ぎっくり腰」も捻挫の一種です。

 

■応急処置

特に大切なのはまず冷やすこと。

冷やすことで、患部の炎症症状が抑えられ痛みが緩和されます。

 

肉離れ(筋肉の痛み)

肉離れのことを専門的に「挫傷」と言います。

スポーツ選手などに多いイメージですが、これも日常的に起こる症状です。

準備運動を十分に行わなかったり、疲労が蓄積していたりすると筋肉の柔軟性が低下しています。

その状態で急激な運動を行うと、 筋肉の線維を損傷してしまうのです。

起こる場所は「ふくらはぎ」や「太もも」が多く、「わき腹」や「腕」の筋肉の場合もあります。

 

■応急処置

患部を冷やす

患部を包帯、テープ等で固定して安静に。

 

打撲(打ち身)

打撲は「打ち身」とも言い、体の一部をぶつけた時におきるケガの症状です。

患部の付近に内出血ができるのが特徴です。

また程度の軽いものから全身打撲などの重症のものまで、広範囲にわたります。

 

■応急処置

手や足の場合はまず冷やす。氷や水などで十分に冷やした後、冷たい布等をあてて患部を固定。

また時間が経っても痛みがひどくなったり腫れが増すようであれば、必ず専門の処置が必要。

頭部打撲の場合は要注意!

とくに頭痛や吐き気が出てきたら、すみやかに専門医療機関へ。

 

骨折

骨折は骨が折れたり骨が傷ついた状態を言います。

捻挫や突き指だと思ってた症状が、実は骨折だった!ということもあります。

自己判断せずに不安に思ったらご来院下さい。

スポーツや日常生活で骨折があった時、速やかに整骨院に行くと

的確に処置することができ、回復を早めることに効果的です。

ただし外傷を伴っていたり手術を必要とするような症状は

処置できない場合がありますので、不明な時はお問い合わせください。

 

■応急処置

・患部を安静にすること

・添木を当てて固定する(固い紙、新聞紙などを添木にします)

 

 

脱臼

脱臼とは、肩・肘・指・顎などの体の関節がはずれてしまうことです。

スポーツ時によく起きる症状です。

 

■応急処置

無理に戻さない

包帯、ネクタイ等の布を利用して患部を固定する

 

 

まとめ

「整骨院・接骨院」「整体院」「マッサージ」は、どれも同じように見えますが、

資格や施術方法などに関して、大きな違いがあります。

・整骨院・接骨院・・・・・・身体の痛みを取りたい時

・整体院、マッサージ店 ・・疲れを癒やしたい時

このように、身体の症状や目的によって使い分けると良いと思います。

福岡県で肩こりや腰痛でお困りなら健翔堂整骨院にご相談下さい。


店舗名:健翔堂整骨院

住所:〒814-0161 福岡県福岡市早良区飯倉2丁目11-2 アールズテラス荒江1階

TEL:080-5200-8654

営業時間:10時00分~20時30分(昼休みなし) 定休日:火曜日・祝日

pagetop